FC2ブログ

ここは読んで字の如く「裏」です。性的・暴力的な表現を含みます。なお当方男性向作家ですが野郎も好きなので、ゲイとホモも容赦なく投稿するときがあります。18歳未満(高校3年生も)・ホモゲイが嫌い・私の絵が嫌い・現実との区別があんまりつかない…いずれか1つでも当てはまる方は絶対に見ちゃらめ!

冬コミの新刊(考え中)

いまのところ冬コミ当選した場合の新刊の構想はもう立っていて
ごりごりプロットを書いている最中です。

一応現状のざっとした内容はこんなかんじ
おねしょた描いてみようかなあとか!限定本についてはまだなんも考えてないです。


英国人の少年ステファン(仮)は、物心つく前に母親を病気で亡くしてしまいます。
以後、元来世界各国の秘境好きであり自動車メーカー勤務の父親に連れられて、
夏休みは1ヶ月程度、ほぼ毎年親子二人でいろんな国に旅行に行っています。

さて、ある年、そんな親子が過ごすことに決めたのは日本でした。
秘境好きの父親はどうやって調べたのか、国内でもおおよそツウぐらいしか行かないような
とても良い景色の田舎村の民宿に数日間滞在することになりました。

父親とステファンは、のどかな村にまたがる川や森でとても楽しく過ごしました。
父親は根っからの旅好きでもありますが、このようによく旅をするのは
母親のいないステファンにあまり寂しい思いをさせたくなかったからでもあるのです。

ある日、ステファンは村から少しはなれにある小さく古い家屋の近くで
着物を着た、長い黒髪としっとり赤い唇の美しい、少し古風な女性・ユキと出会います。
彼女はこの村に住む女性のようで、毎日小川のそばにただずんでいました。

かれらはおたがい言葉はよくわからないけれども、次第に打ち解けてゆきます。
毎日のようにステファンはユキに、日本の昔ながらの細工や遊びを教えてもらいました。

"ユキといると、どうしてこんなに温かい気持ちになるんだろう"
母のいない彼は、今までに感じたことのない精神的な幸福をおぼえるようになったのです。

1888ki.jpg
  1. 2015/09/01(火) 23:55:41|
  2. 未分類

タペストリー・・・

冬コミ当選したらタペストリー作ってみようかなあとか・・・初めてのでかいグッズ・・・
仕様はダブルスエードB2サイズ昇華転写で2500円ぐらいでどうどす!

おそらくうちのサークルは漫画目当ての人がほとんどで、グッズほぼいらない人ばかりだと思うので
余ったら今後のイベントにも細々持っていくつもりで・・・

いつも無料のクリアファイルかポケットファイル(新刊まとめ用)しか作ってこなかったので
グッズ単品の制作はある意味チャレンジャーな試みともいえる・・・
だって作ったことがないもの!!!博打です、うむ。仮に全部売れても赤字は免れられない・・・

まだホゲッと程度にしか考えてませんが、もし制作するとなったらめちゃくちゃ気合い入れて描きまんよ~
絵柄はよし子ちゃんかマルグリットちゃんか、今度描こうと思っている新刊のキャラクターあたりをば。

それか冬コミは従来通り新刊本と会場限定本といつものまとめ用ファイルにして、来年に記念に作ってみるのもいいなあ。
  1. 2015/09/01(火) 00:11:49|
  2. 未分類

マルグリットちゃん(とゲオルク)

以前描いた手まんを線だけ書き起こし
かなり荒れているのであとで腕とか表情とかかきなおしたいどす
1884ki.jpg

俺は最近マルグリットと関係を持っている。
そう、ほかの女たちが俺たち男どもとつるんでいるのを意にも介さず黙々と糸を紡ぎ続けている
敬虔でつつましいあのマルグリットだ。

飲兵衛で賭博好きのどうしようもねえ俺となんでこんな関係になっちまったかって、
話せば長くなるからもう割愛するぜ。

まあそれで、早い話が、どういうわけか俺はこの女に随分入れ込んじまっているらしい。

俺がこうやって軽く手まんしてやると身体をびくつかせて何度も何度もイっちまうのさ。
敏感なのか性経験が無いに等しいからなのか、俺が手を止めなければ涙目で弱弱しく俺の手を
掴んで引き離そうとするか、あるいはシーツをぎゅっと掴んで耐える。
イくときは大きく腰を仰け反らせて、ひときわ甘ったるい声と息を漏らす。
イッたあとはいつもふるふるしながら肩で呼吸をし、とても恥ずかしそうに手で顔を覆う。

それがまたどうにも愛らしくて、俺は止まらなくなっちまうんだよなあ。
こんな恥じらいのある女とはヤったことがねえや。
おまけにイッた後の彼女の身体は熱を帯びて全身ピンクなのよ。たまんねえだろ?


しかしどうやらマルガはいわゆる"初めて"というものをあのカタブツ仕立屋のフォルカーに
捧げたかったらしいせいか、俺はむちゃくちゃ恨まれている。

しかしだな、俺だってマルガに突っ込むまで彼女が処女だったなんて知らなかったし、
それ以前にこんな女を前にしてはもう止まるに止まることなんてできるわけがなかったのは
読者諸君もおわかりのはずだぜ。

俺は一発できて後腐れのない関係が好きなもんだから
バージンを誰に捧げるかだとか誰とセックスするかなんて然して重要なことでもねえと俺は思うんだが
(少なくとも俺と関係を持った女たちはそういう考えだったぞ)
どうやらマルガにとっては随分大事なものだったらしい。

まあしかし、そういう後腐れのない関係を持ちたがっているはずの俺も、さっき言ったように
このマルグリットという女にやたらのめり込んじまっている。

よくわからんが、彼女がなにを考えているのか、何を見据えているのか妙に気になるし、
フォルカーと話して心から幸せそうな顔をしているのを見ると、何をどう表現していいかわからん気持ちになる。
なぜといって、俺と話すときは絶対に笑わないどころかむしろ憎悪の目を向けやがるからだ。
まあ彼女にとって俺は強姦魔みたいなものだろうし当たり前の話だが・・・。

ったくこのところの俺はどうかしちまってる。
俺はこのマルグリットの身体さえ楽しめりゃ後はなんでもいいはずなんだがなあ・・・。

  1. 2015/07/13(月) 00:22:10|
  2. 未分類

陥没

ちょっと陥没気味のおっぱいっていいよねえ。美味しそうです。
しょっぱなから立ってるのは固そうだから近年は陥没気味に描いてるかもしれません。私の描写力がないせいか!

乳輪はおっぱいの大きさに合わせたサイズがいいな。中でじっくり何十分もねぶった後に出すのがいいです。

1878ki.jpg
  1. 2015/06/23(火) 00:09:49|
  2. 未分類

1ヵ月半放置とな!

勃起の広告が非常にうざかったので消すために更新(白目)

せっかくなんで落書き程度によし子ちゃん(とカルロス)、描いているうちに
わりといい構図になってたんで後後仕上げるかもしれません

今後描きたいと思っている「よし男の夏休み」ほかにやることがあるのであんまり手を付けていませんが
ちゃんと発行したいですねえ~

****************************


俺は海外の大学に留学している彼女のよし子に会いに行くためにバイトの休みを貰って2週間南欧にやってきた。
慣れない海外で、俺はパスポート取得に乗り継ぎに入国審査にそれはもう骨身を費やしたのである…。

しかし!!審査後のゲートで可愛いよし子が待っていたときの安堵感といったら!
彼女は相変わらず綺麗なお嬢さんで(いや、暫く見ないうちに綺麗さに拍車がかかったように思う)、
俺はふたたび彼女に会えたことを心の底から喜んだ。


よし子はルームシェアをしていた。お嬢さん育ちで一人暮らしをしたことのない彼女だから
一人暮らしよりは安全なのかもしれないが……
そのルームメイトはよし子と、この国のこれまた別嬪の金髪姉ちゃんのヴァイオラという女性、
そしてカルロスという浅黒い肌のハンサムな男の3人暮らしだ。

よりによって同居人に男がいたなんて俺は少しばかりびっくりしてしまった。
俺以外に付き合ったことが無いよし子みたいな奥手の子は女の子同士でシェアしたがる
ものだと思っていたんだけど、この国では男女混合でシェアするのがわりと普通なようだ。

俺の英語は中学生レベルなうえにスペイン語なんか挨拶もわからないので、この3人が何を
話しているのかまったく理解できない。彼らは完全にスペイン語を話すのだ。
たまにヴァイオラさんやカルロスが俺にとても簡単な英語で話しかけてはくれるけど
3人で込み入った話をしていると、俺は完全に蚊帳の外に放り出されるので少しさびしい。


ある日、よし子と二人でテレビを見ていたのだが、暑い季節なので、よし子がシャワーを浴びてくる
といって居間を出ていった。
俺は引き続き居間で一人その放送を見ていたのだが、やはりわけのわからんスペイン語で
まったく内容が理解できなかったので、街に散歩に出かけようと思った。

この国はヨーロッパの中では治安があまりよくないようで、金を持っている日本人だとわかると
スられたりすることが日常茶飯事らしい。だから無暗に出歩かないようにと思っていたんだけど、
やっぱりせっかくの海外だし観光もしたい。

無言で出ていって何かあってもいけないし、俺はよし子の部屋へ行き彼女に一言伝えてから出かけることにした。
シャワーは個室に一つ取り付けられているというのだから便利だよなあと思う。

よし子の部屋に入ると。シャワールームのカーテンが閉ざされていて、シャワーの音がしたままだった。

「よし子、あれ、まだシャワー浴びてる?聞こえる?」
「よ、よしくっ…な、なに?」

「ちょっと俺その辺観光してきていいかな、いい天気だし色々見たいんだよな」
「そ、そう、気を付けて行ってね…私、今、髪を洗っててっ…もう少しかかりそうなのっ…」
「そっか。じゃあ仕方ないな。えっと何か買ってきてほしいのとかある?」
「わ、私は大丈夫…んっ、あまりお金は…持ち歩かずに観光してねっ…」
「わかったよ。10ユーロだけ持っていっとくかな。じゃあ行ってくるぜ」
「いってらっしゃいっ…!」

ばたんっ


1877ki.jpg

  1. 2015/06/15(月) 00:12:35|
  2. 未分類

うぉ

fc2社長逮捕されただって!?
このブログどうなるんやろか、表の日記もfc2使っとるしなあ。
色々ブログ試してきたけど結局fc2が一番使いやすいというかなんというかで(゜ω゜)

****************************

ごりごり原稿描きますぉ
この週末でおおかたのケリをつけなきゃなりません。

しかし私は口の中に精子を貯め込んであんぐりする構図が好きなんだろうか
よく描いてしまうわ。実はガチホモ本でも描いてたわ。

1851ki.jpg
  1. 2015/04/24(金) 19:14:13|
  2. 未分類

新刊の下書きしてたんですがアングルが平坦過ぎて没
もっと、こう、気持ちよさそうに描きたいんじゃ~
しかし気合入れてたから更新ついでにここに貼りつけときます。


昏睡魔法にかかると解呪されるまで目覚めることがないので、夫が仕事でいない朝~夕刻まで
毎日毎日好き放題されまくりんぐです。
眠っていても、とっても気持ち良くなったら可愛く喘いじゃったりします。

おっぱいが大きいのは発情期で母乳がたっぷり分泌されてるからです。にしてもでかく描きすぎた。
発情期のエルフ様のおっぱいにはなァ、愛情と脂肪と母乳が詰まりまくってンだよおぉぉおお!!!!(力説)
1842ki.jpg

  1. 2015/04/10(金) 20:14:47|
  2. 未分類

comic1のネーム☆

えーっと全部で90ページぐらいです。


頭おかしいんか自分。
ごめんなさい、後には引けないのでできるところまで努力します。
エロが6―7割しかないというエロ漫画としては致命的な感じなので卸値は700円になる思います
会場限定本はぺらいペーパー本になる可能性が。あとキットカット箱ぐらいは用意したい。

個人的な考えではエロ漫画に余計かつ陳腐なストーリーとか下手なんだから最小限にするんだよそれより
ねっとりエロシーンのオンパレード描くんじゃ派なんですが、ストーリーないとだめなんだろうなという
強迫観念みたいなのがあって陳腐なストーリー考えてました


正直自分がどこに向かっているのかわからない。
去年4月から自分の漫画に一切の自信がなくなってネーム帳に触れるのも嫌なほどのスランプ状態に
陥っていたけど今はだいぶんマシになってるっぽいから描いてみた、
でもエロ漫画としてこの描き方はどうかと思う 
なぜならストーリーを下手に入れると抜きどころがわからなくなるから

よくよく考えたらエロシーンが無くても成り立つ話だ。

スランプ抜けたと思っていたがまだ抜け出せていないように思う。
本当にだめだな私は
去年の3月末に時間戻ってくれと切に思う、
去年は創作活動に於いては本当に時間を無駄にした。それぐらい酷かった

1839ki.jpg
  1. 2015/03/29(日) 00:01:39|
  2. 未分類

あぁ^~

gmai(私がサイトで表記してるメール)、先月から色々あってログインできなくなってて、
でも仕事も現状請けてないし感想なども来ることもない半分死に体のアカウントなので
まあいいやと思い今日の今まで放置し、ようやく重い腰を上げてログインできるようになって
ログインしたら

仕事のメールが来ていた・・・。


来てたの二月後半で返信期限がもう半月前とかいう・・・
正直顔面蒼白
しかも何度かお世話になってる編集さんだ。電話もないということは別の人が見つかったのだろう。よかった!


よかったじゃねえよ!
明日謝罪のメール送らなきゃ(使命感)

  1. 2015/03/21(土) 00:37:03|
  2. 未分類

ただの萌え語り

私は主人公が挫折したり再起不能なまでにドン底に突き落とされたり
最後までヒロインゲットできなかったり、ヒロイン獲得してもあとで寝取られたり
いくら頑張っても這い上がれないまま終了する話がむっちゃ好きです。

栄枯盛衰みたいなのも情緒があっていい。かつて栄華を築いた主人公の落ちぶれるさまとか好きです。


ハッピーエンドも好きです、でもそれは決して主人公があらゆる敵に勝利したり王様とか頂点の地位を取るものじゃなくて
一人の人間として少しずつ成長する物語みたいなのが好きです。心が温まるわい。


私はそういう漫画を書いていきたいが、いかんせん実力が追い付いておらんので、もっと勉強しなきゃならんです。
頑張るぞい。
  1. 2015/03/01(日) 14:51:13|
  2. 未分類

マルガ続き

ゲオルクにひんむかれちゃったマルグリットちゃん

だいたい人物は塗れましたがもう少し書き込みたいでございます。あと背景を少々・・・
前の描きかけの記事は別の記事が流れまくるので消させてもらいますねっ。

1829ki.jpg




  1. 2015/02/28(土) 00:54:42|
  2. 未分類

妊娠とか出産

携帯見たら前お世話になった編集さんから電話入ってる・・・
もう遅いし明日かけよ

******************************

あのー先日表ブログでもぼやいたんですが
「LEBEN」、私の同人誌では久々の100頁超えアーイキソ・・・とかいう状態になってます(白目)
どうしてこうなった・・・comic1間に合うのかコレ。

まるまる1年以上ろくに漫画を描いておらずリハビリがてらやってて、最初のうちは本調子ではありませんでしたが
ここ数日は結構乗りに乗って描けています。少し調子が戻ってきたかな?

ま~そんなわけでこの「LEBEN」の魔族の女性の目的が簡潔に言えば異種交配実験なのですが
最初の妊娠出産にこぎつけるまでにすでに60頁を越えてしまっているとかいう超事態・・・
一つ一つのプレイを濃厚にねっちょり描いたり色々してたら無駄なコマ極力省いてもページ数がふくらむよ・・・
でも見ごたえのある漫画になるよう頑張るからね!(ただの気合論)

卵産んだりしてしまう描写は過去に何度か描いているのですが、胎児をひり出す描写があるのはこれが初めてです。
うーむこういうシーンはどの程度描写すればいいのか加減がわかりづらいですな。
できれば後半はおなかに魔物の胎児がいる断面図とか描写したいんですけんど。

1823ki.jpg
  1. 2015/02/25(水) 00:03:21|
  2. 未分類

やっぱりこっちに

カルロスとよし子、久々の絡み絵ですが、入ってないし何も見えてないし構図も女性向けのライトな感じなので
全年齢のブログに載せてたんですけど、色を付けると少し描写が生々しいかなと思ったので
こっちにうpり直しました。ついでに少し加筆修正もしました。

デッサンとかまだ気に入らないところがあるので、後日時間があったら修正して
さらにしょうもない文章も付けられたらいいと思います・・・
1819ki.jpg

  1. 2015/02/02(月) 00:07:58|
  2. 未分類

あけましておめでとうございます

ウェブサイトインデックスと普通のブログのほうでもちょっくら記載してたんですが
comic1で出そうと思っている新刊をぼちぼち描いていますよ。

題名は「LEBEN」(レーベン)と決めています。生命、生きることです。
夫に先立たれて死に場所を求めてさまようハイエルフの未亡人を魔族の女性が実験台にするやつ
いつものエルフファンタジーですが、今回は別のキャラクターです。

ラフサンプルがいくらかあるのですけどこんなんです、序盤の実験前の下準備のシーンしかできてませんで
肝心の様々な魔界のモンスターによる生殖実験のほうがまだ描けてません・・・(>*<)
鉛筆書きのラフもあるけどスキャンめんどい(おい)のでパソコンで描いてるやつだけ・・・

去年から引き続きいやに描くのに時間がかかってしまっている上に、少しぎこちない描き方な気がします。
私の描き方こんなんだったっけ・・・?少し描写がライトになってしまっている気がします。気のせいかな?
た、たぶん本番の生殖実験は異種姦まみれだからいつも通りになると思いますよ・・・(小声)
1808ki.jpg


キャラクターは取り急ぎ紹介するとこんな人達です

1806ki.jpg
ハイエルフの未亡人 1400歳超え
1200年以上連れ添ってきた夫を何らかの事故で亡くし、元々子供もいないのでもう生きている意味もなくなったと感じ、
ウェルティフ樹海を彷徨い死に場所を探している女性。身なりから少しいいところのお嬢さんだったのかもしれない。
夫をとても愛していて、結婚してからいくら発情期が来ようと夫以外に身体を許すことはなかった。エルフ様はかの女の爪の垢を煎じて飲んで、どうぞ
トロールに絞め殺される直前に魔族の女性に助けてもらい、「どうせなら死ぬ前に私の実験の役に立ってみないか」
と言われ、どうせ死ぬつもりなので警戒もせず、かの女の住処にホイホイついていった。

最初は夫にしか触れられたことのない身体を触れられることにとても激しい抵抗をみせるが、
様々な実験を受けるにつれ、生まれてから体験したことのない未知の快楽に悶えるようになる。


1807ki.jpg
とある魔族の女性 年齢不詳
トロールに絞め殺される寸前だったエルフの未亡人を救った魔族の女性。
普段はウェルティフ樹海にひっそりとただずむ古代エルフの遺跡を流用してそこに住んでおり、
自身の故郷の魔界から呼び寄せたモンスターたちを"表向き"ペットにしている。

死霊術師でこそないが、生物実験に余念が無い。どうも近年はエルフの生まれながら持つ魔力に着眼している。
被験体が激痛で死にそうになろうが真顔で状態を観察し記録していくその凶悪さは死霊術師に匹敵する。

ニヒリストではないがシニカルな笑みをずっと浮かべている。かの女の行動には全て明確な理由付けがある。


  1. 2015/01/03(土) 00:47:49|
  2. 未分類

今年最後の記事

私は自分の同人誌という界隈に商業誌関連で関わりのある人が突っ込んでくださるのがとても嫌だ。本当に。私はそれを望んでいない。
少しずつ直さなければならないと自覚していることを面と向かって一斉に釘刺されると私の色んなキャパシティを超えてしまう

同人内容に言及するのはやめちくり~と申し上げたとして、たとえ言われなくなったとしても、
これからも無言で後ろからずっと見られていると思うと私は何も描けない。これが今年前半の私だった。

以前は会社帰りにストレス発散兼ねて自由にネームを書いたりプロットを練ったりするのが確かに大好きだった
気付けばもはやギクギクしながらネタを練っている。
あれを描いてはだめだ、これはただのエロの繰り返しじゃないか、それは絵も荒くなるし無理だろう、その考えの繰り返しです。
もはや何も楽しくない。

まあそんなこんなでかなり慎重になりすぎて今年は4月以降に出せたのがkerkerだけだったんですが・・・


正直今もかなり慎重になっていて一冊描くのにすごい時間がかかっているが、時間の経過が少しましにしてくれています。
読書を始めたり好きなバンドがとても良いアルバムを出してくれたおかげもあるかもです。
それと会社勤めしていてよかったとこんなに強く思ったのは今年度が初めてでした。



すみません、新年から気持ちを新たにしたかった。
もう不安とかを吐きだすことはないと思います、というかないです。
もうこんなしょげた日記は二度と書きません。ごめんなさい。誓います。


すみませんが今後もこんなサークル主をぬるい目で見守ってやってください。
まだまだ勉強すべきことが多いです。私は頑張ります。


  1. 2014/12/31(水) 00:33:05|
  2. 未分類
前のページ 次のページ